筋トレでテストステロンは増える「より男らしくなるためにする5つのこと」

テストステロン

筋トレしたらテストステロンが増えるん?

そもそテストステロンて何?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

筋トレを10年ほどしていてボディビルの大会での優勝経験もあります。なので体づくりに関しての知識や経験はかなり豊富です。

 

この記事でわかること
・テストステロンとは何か
・テストステロンの働き
・テストステロンの増やし方

 

この記事でテストステロンの作り方を理解してより筋トレの効果を高めていきましょう!

 

では詳しくみていきましょう。

 

筋トレでテストステロンは増える?

筋トレ

結論から言うと筋トレをすることでテストステロンは増えます!これは以下の研究でも明らかにされています。

 

スポーツ医学研究におけるデータ

定期的なトレーニングおよびトレーニング期間により、安静時におけるホルモン濃度に有意な差が認められ、一過性のレジスタンス運動に対するホルモン分泌応答は、有意な差が認められなかった。

 

これらの安静時のホルモン濃度の変化は、筋力および除脂肪体重の増加に寄与していることが示唆される。

(引用元:http://www.waseda.jp/sports/supoken/research/2009_2/5008A065_abs.pdf

 

要約すると筋トレをすることにより普段のテストステロンのレベルが上がることが認められた

筋トレしてない人と筋トレしてる人を比べたら筋トレしてる人の方がテストステロンの基準値が高いということ。

 

他にも多くの研究で筋トレをすることでテストステロン値が上がることは証明されています。

ゴマ
ゴマ

じゃあそもそもなんでテストステロン値が高くなることが筋トレする人にとって良いのか?

 

それは単純に筋肉がつきやすくなるからです。他にもテストステロンが人体に与える影響はあるので詳しくみていきましょう。

 

テストステロンの働きは様々

ジム

そもそもテストステロンとは男性ホルモンの1種です。なのでテストステロンのレベルが高くなると簡単に言うと「より男らしく」なります。

ゴマ
ゴマ

ゴリラに近づくということ笑。

 

具体的なテストステロンの働きは以下の通り。

・筋肉がつきやすくなる

・ヒゲが濃くなる

・性欲が強くなる

・脳への影響

順にサクッと解説します。

 

・筋肉がつきやすくなる

→たまに筋肉がつきやすい人がいますがその方は普通の人よりテストステロンのレベルが高いです。だから筋肉の成長スピードが普通の人に比べて早くなります。

 

・ヒゲが濃くなる

→ヒゲを作るのは男性ホルモンつまりテストステロンです。髪の毛は女性ホルモンが作ります。体内の男性ホルモンと女性ホルモンの割合は人によって違います。

 

男性でも少ないにせよ体内に女性ホルモンはあります。

 

なのでハゲている方は女性ホルモンが少ない、つまり男性ホルモンが多い可能性があるので筋肉がつきやすい傾向もあったりします。

またヒゲだけでなく男の象徴の発達や声変わりなどいわゆる思春期の成長を支える働きもあるのです。

 

・性欲が強くなる

→テストステロンは男性ホルモンなのでテストステロンのレベルが高くなれば自然と性欲も強くなります。

なので夜に自信がない人はぜひ筋トレしてテストステロンのレベルを上げましょう笑。

 

・脳への影響

→これは生まれて間もないころの話になりますが、いわゆる男性っぽい攻撃的な一面や決断力や判断力をつけることに影響すると言われています。

脳にそういう風に働きかけるのだそう。

 

とまあテストステロンにはいろいろな働きがありますがあなたが最も気になるのは筋肉の発達への影響ですよね?

 

筋肉をよりつけたいならテストステロンのレベルを高く保つことが重要になってきます。

なので次にテストステロンのレベルを高く保つ方法をみていきましょう!

 

テストステロンのレベルを上げる方法

テストステロンのレベルを高くするには以下のいくつかの方法があります。

・筋トレをする

・アルコールを控える

・質の良い睡眠をとる

・栄養バランスの良い食事をする

・サプリメントを活用する

では順にみていきます。

 

・筋トレをする

→これに関してはもう上記で解説した通り。ですが1つだけ注意点があります。それは長時間のハードな筋トレはテストステロンのレベルを一時的に下げるということ汗っ。

 

テストステロンと拮抗するホルモンとしてストレスホルモンのコルチゾールというものがあります。

長時間の筋トレではコルチゾールが優位になるのでテストステロンのレベルが下がってしますのです。

 

これでは筋トレの効果を最大限に活かしきれないので筋トレはやることを一気にやってダラダラしないようにしましょう!

 

・アルコールを控える

→これに関しても研究で明らかになってます。(以下、筑波大学での研究による)

アルコール依存症と診断された患者には,筋委縮と筋衰弱が見られます(Alvaro et al.,1989).筋の萎縮は,アルコールの慢性的な摂取により,テストステロンの合成量が低下したことによるものだと考えられます.

 

テストステロンとは男性ホルモンの一種で,筋の成長を促進する効果があります(Wilson and Williams,1998).

つまり,継続的に大量のアルコールを摂取し続けると,筋力の低下を招くことが考えられます.

(引用元:http://rikujo.taiiku.tsukuba.ac.jp/column/2016/69.html)

 

でもアルコールは量によってはストレスホルモンを取り除いたり、血行を良くするといった効果もあります。

 

なので飲まないに越したことはないですが、我慢することで過剰なストレスを感じるのなら量に注意して飲むようにするのがグッド。

くれぐれも飲み過ぎて良いことはありませんよ汗っ。

 

・質の良い睡眠をとる

→これに関しても研究で明らかにされています。

1週間にわたって5時間睡眠を強制したグループではなんと15%もテストステロンのレベルが低下した。

(参考:American Medical Association(JAMA), June 1, 2011)

 

恐ろしや笑。

というわけでテストステロンのレベルを高くしときたいなら6時間以上の質の良い睡眠をとりましょう!

 

・栄養バランスの良い食事をする

→テストステロンはもちろんホルモンです。ホルモンを作りだすにはコレステロールいわゆる脂質が必要になります。

 

なので極端に脂質を減らした食事をしているとテストステロンのレベルを高く保てません。良質な脂質(ナッツ類、魚類など)をとるように心がけましょう。

 

・サプリメントを活用する

→具体的には「亜鉛やビタミンD」などがテストステロンの生成に関わります。

 

これらの成分にプラスで男性ホルモンを高める成分が入ったこういったサプリでまとめて取るのが楽なのでおすすめです。



男ならいつまでも男らしくありたいですよね?様々な場面で。

色々な意味で自信がよみがえってきました!毎日朝から元気です!タフdeナイト

 

これらがテストステロンのレベルを上げる方法になります。特に共通の要素はそれぞれにないように感じますがそうではありません。

 

上記の方法のそのどれもが「筋肉をつけるために効果的な方法」なんです。食事も睡眠も全て筋肉の成長にとっても有効なものばかりです。

 

なので筋トレして、筋肉をつけるために他の事も意識するとテストステロンのレベルは爆上がりです笑。

テストステロンのレベルが上がれば今までより男らしくカッコよくなるのでぜひ上記のポイントを実践してみてください!

 

筋トレとテストステロンは密接な関係がある

筋トレを日常に取り入れてカッコいいあなたをゲットしましょう!

以上筋トレでテストステロンは増える「より男らしくなるためにする5つのこと」でした。

・筋トレするとテストステロンのレベルは上がる

・テストステロンのレベルを上げるには規則正しい生活をすること

・テストステロンのレベルが上がればいろいろと男らしくなる笑

・テストステロンのレベルが上がれば単純にカッコよくなる

コメント

タイトルとURLをコピーしました