塩分を抜くだけでダイエットできる?「体重は落ちるが根本的な改善ではない」

塩分抜きダイエット

塩分抜きダイエットのやり方とか効果は?

塩分を抜くだけでダイエットできるん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

体づくりを始めてかれこれ10年ほど経ちます。ボディビルの大会でも優勝することもあるのでダイエットに関しての知識も経験も豊富です。

 

この記事を読むことで塩分抜きダイエットの理論や効果がわかるようになるのであなたのダイエットの幅がまた1つ広がります!

 

では詳しくみていきましょう。

 

塩分抜きダイエットのメリット

塩分抜きダイエット

結論から言うと塩分抜きダイエットは根本的なダイエット効果(脂肪燃焼)にはつながりにくいですが、一時的なスタイル改善やダイエットのきっかけづくりには役立ちます

 

塩分抜きダイエットのメリットは以下の通り。

・短期間で効果が出る

・健康的

・ヘルシー志向になる

では順に解説していきます。

 

・短期間で効果が出る

塩分いわゆるナトリウムは人間の細胞の中に水分を引き込む作用があります。なので塩分を摂り過ぎればそれだけ細胞内に水分がたまることに。

 

これがいわゆる「むくみ」です。

 

でも塩分を抜くをどうでしょう?塩分を抜くと細胞内に水がたまりにくくなり、むしろ水が外に排出されやすくなります。

 

具体的には2、3日で体重が2キロほどは普通に落ちたりします汗っ。あなたが体重をとにかく落としたいなら試す価値はあります!

 

・健康的

よく言いますよね「塩分の摂り過ぎには注意!」と。塩分を摂り過ぎることで起こる良くないことは「血圧上昇、脳卒中、心疾患」などの生活習慣病があげられます。

 

ナトリウム排泄量が1日7グラム(食塩17.8グラム)以上の人は、死亡または主要な心血管イベントのリスクが15%増加したことが分かりました。(引用元:The New England Journal of Medicine「Urinary Sodium and Potassium Excretion, Mortality, and Cardiovascular Events」)

 

でも塩分抜きダイエットをすることでこれらの病気を患うリスクを下げることが可能。塩分の摂り過ぎを防ぐことができるので健康的になります。

 

・ヘルシー志向になる

これに関してはゴマ自身が身をもって感じていることです。

 

ゴマは普段から自炊が多いので塩分が外食に比べて控えめ。塩分が控えめな食事を継続しているとたまにする外食で出てくるメニューがかなり味の濃いものと感じる機会が多くなります。

 

でも塩分抜きダイエットをすることで味覚が改善され外食よりも自炊する方が好ましくなることがあります。

 

自炊する機会が増えるとそれだけヘルシーなメニューを作るように自然となり、結果としてダイエットのきっかけ作りにもつながります。

 

こんな感じで塩分抜きダイエットをすることでより健康体に近づくことができます。塩分の摂り過ぎは様々な病気のリスクを高めるのでできれば避けたいですよね。

 

では次に塩分抜きダイエットのデメリットについてみていきます。

 

塩分抜きダイエットのデメリット

塩分抜きダイエット

冒頭でも書きましたが塩分抜きダイエットの最大のデメリットは脂肪燃焼には直接はつながらないということ

 

それを踏まえたうえで塩分抜きダイエットのデメリットは以下の通り。

・体重しか落ちない

・塩分を控え過ぎてもダメ

順にみていきます。

 

・体重しか落ちない

これは塩分抜きダイエットの最大のデメリット。上記のように塩分の量を控えることで体から自然と余分な水分が抜けていき体重はガクッと落ちます。

 

ですがここで落ちた体重は当り前ですが「水分」です汗っ。体脂肪ではありません!

 

なので体脂肪を落としたいと思い、塩分抜きダイエットを行ってもその効果は期待できません。

 

なので塩分抜きダイエットはあくまで一時的なスタイル改善や健康維持のきっかけ作り程度に考えておく方が良いでしょう。

 

体脂肪を本格的に落としたいならカロリー計算と栄養バランスを見直すことが必須になります。

 

・塩分を控え過ぎてもダメ

ゴマ
ゴマ

これまたややこしい笑。

塩分を抜きすぎても体には良くないという研究結果があるのです。

 

ナトリウム排泄量が1日3グラム(食塩7.6グラム)未満の人でも、死亡または主要な心血管イベントのリスクが27%増加したことです。つまり、ナトリウム摂取量が1日3~6グラム(食塩7.6~15.2グラム)の人は、 摂取量がそれより多い人もしくはそれ未満の人よりも、死亡や心血管イベントのリスクがより低いことが示されたのです。

(引用元:The New England Journal of Medicine「Urinary Sodium and Potassium Excretion, Mortality, and Cardiovascular Events」)

 

塩分を抜きすぎても病気のリスクを上げるそう汗っ。こういったことから塩分抜きダイエットをするうえで1日あたりの食塩の摂取量を5g未満に抑えることが1つの目安になります。

 

でもあくまで塩分抜きダイエットは体重を落とすことは可能でも体脂肪を落とすこといは向いていないことをお忘れなく。

 

でも正直なところ1日あたり食塩の使用量を5g以下にするのってなかなか大変。というわけで宅配サービスなんかをうまく使うのもアリ。

 

塩分を控えるには宅配サービスが便利

結論としてはこちらの宅配サービス「ナッシュ」が「塩分を控えめかつ低カロリー」な食事を提供してくれるので、上記の塩分抜きダイエットの最大のデメリットを緩和してくれます!

 

塩分を控えただけでなくダイエットに適した食事メニューを提供してくれるのでシンプルに摂取カロリーを抑えることができ、体脂肪燃焼につながります。

 

「ナッシュ」の特徴は以下の通り。

・注文が楽→70品からあなたが食べたい食材をチョイスするだけ

・チンするだけで食べれる→冷凍された調理済みをチンするだけですぐに食べれる

・コスパ良し→1食あたりほぼワンコイン。コンビニに行けばすぐに7、800円かかりますよね汗っ。

 

ですがナッシュは1食あなり塩分が2g前後なので3食ともナッシュにしてしまうと上記のおすすめの摂取量を超えてしまいます。

 

なのでナッシュは1日1食などにして他の食事はできる限り自炊する方が塩分抜きダイエットには適しています。

 

ナッシュは節約にも向いていてかつダイエットにも使えるかなり便利なサービス。糖質オフメニューからスイーツまでいろいろ揃えているのでぜひチェックしてみてください。

 

塩分抜きダイエットをきっかけに本格的なダイエットにも挑戦してみませんか?今より明るい毎日が待ってますよ。

 

というわけで塩分を控えた食事をするには自炊やナッシュのような宅配サービスを利用することが必要です。外食だとどうしても塩分がハンパなく多く含まれているので汗っ。

 

以上塩分を抜くだけでダイエットできる?「体重は落ちるが根本的な改善ではない」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました