プロテインバーのおすすめ10選!「味と食感を重視してみた結果」

プロテインバー

世の中にプロテインバーなる商品が多すぎてどれが美味しいかも成分が優れてるのかもわからへんなあ。おすすめのプロテインバー教えて~。

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

 

ボディビルを7年ほどしています。

甘党なのでダイエット中やそうでない時もプロテインバーをめちゃめちゃ食べてきました。なのでおすすめのプロテインバーを聞かれたら様々なものを紹介できます!

 

この記事でわかること
・おすすめのプロテインバー
・おすすめのプロテインお菓子

結論としては栄養もそうですがそれ以上に味を重視して選んでいます。

 

では詳しくみていきましょう。

 

おすすめのプロテインバーはこれだ

今からおすすめのプロテインバーを紹介していくのですがプロテインバーだけでなくクッキー系のものも含めて進めていきます。同じプロテインお菓子ということで。

 

プロテインバーの体づくりにおける位置づけに関してはこちらの記事プロテインバーは太ると勘違いしてませんか?「賢い食べ方はこれ」をどうぞ。

 

ではさっそく紹介していきます。

 

プロテインチョコクリスピー(マイプロテイン)

・エネルギー→42kcal(168)

・タンパク質→2.2g(8.8)

・炭水化物→4.6g(18.4)

・脂質→1.6g(6.4)

 

いきなりクッキー系なんかい笑!

このクッキーはサクサクしていて食べやすいというのが一番の印象になります。独特な甘さがあるかと思いきやそこまで甘すぎずあっという間に食べ終えてしまいます笑。

 

成分は1個あたりですが1パックに4つ入っているので成分をそれぞれ4倍すれば1パックあたりの栄養価になります。()で記載しているもの。ダイエットには少し脂質が多いですね。

 

まあ1回で全部を食べなければいいだけの話ですが汗っ。また1パックのサイズが小さく持ち運びも楽でカバンの中から出しても違和感ありません。

 

通常のお菓子と何も変わらないので人前でも気にせず食べれます。人前でこういういわゆる健康食品を食べるのに抵抗を感じる場合があるかと思うのでその時はこのクッキーをぜひ利用してみては。

 

グルテンフリーなのもグッドポイント!グルテンフリーに関して詳しくはこちらの記事「実際にやってみた」グルテンフリーとは「14日間で体がスッキリ」をどうぞ。

 

プロテインクリスプ(シンサ6)

・エネルギー→240kcal

・タンパク質→20g

・炭水化物→24g

・脂質→7g

・味のバリエーション

→塩タフィー、チョコレート、ピーナッツバター、プレッツェル、モカラテ、バースデーケーキ、ストロベリークランチ、ミントチョコチップ、バニラマシュマロ

 

やっぱり来たか~

もうこのブログで何回も登場しているプロテインバーになります。今まで食べてプロテインバーやプロテインクッキーの中で最もおいしいですね。

 

食感はサクサク味はディズニーランドのチュロス笑。塩タフィー味が一番おすすめですね。他の味ももちろんグッドですがゴマは塩タフィーとチョコが好きです。

 

上記のものでとりあえず試してみて美味しかったのを次から買うようにすればいいですよ。万が一マズイと感じた時に箱で買ってると悲惨なので汗っ。

 

またプロテインバーにしてはかなり高タンパク質なところも嬉しいですね。さらに砂糖はたったの4gしか入ってないのもグッドポイント!

 

クランチバー(コンバット)

・エネルギー→210kcal

・タンパク質→20g

・炭水化物→25g

・脂質→7g

・味のバリエーション

→チョコレートチップクッキードゥ、クッキー&クリーム、チョコレートピーナッツバターカップ、ダブルスタッフドクッキードゥ、ピーナッツバターラバーズ、チョコレートケーキ、チョコレートココナッツ、ホワイトチョコレートラズベリー、スモア、シナモンツイスト、バースデーケーキ

 

これも人気なプロテインバーになります。栄養成分に関してはプロテインバーの中ではこれ以上ないほどに優れています。加えてグルテンフリーと徹底してます。

 

味はチョコレートを例にすると少しアメリカ独特の甘さというか食べているとのどが渇きます笑。食感はサクサクではなくねっとり系なのでなおさら口の中に残る感覚がありますね。

 

満足感は十分にあるのですが個人的にはもっとサクサクとしていた方が食べやすいなと感じます。かなり甘いのが好きならば試してみる価値アリ。

 

あと海外のお菓子が好きならなおさら好きな味になります。

 

プロテインクッキー(Lenny&Larry’s)

・エネルギー→200kcal

・タンパク質→8g

・炭水化物→33g

・脂質→8g

・味のバリエーション

→チョコミント、ピーナッツバターチョコチップ、チョコレートマカダミア、オートミールレーズン、バースデーケーキ、ココナッツチョコチップ、パンプキンスパイス、ピーナッツバター、シナモン

 

このプロテインクッキーはサクサク系ではなくどちらかと言うとカントリーマアム系のしっとりした感じです。モサモサしていると言った方がわかりやすいですかね。

 

味に関してはそこまで甘くないという印象。チョコチップがシンプルに美味しかったです。1枚あたりのサイズが大きく満足感は十分。

 

成分は炭水化物が多いと感じるがそのうちの5gは食物繊維なので実際の糖質の量は5g少なくはなります。

 

プレミアプロテインバー(Premier Protein)

・エネルギー→290kcal

・タンパク質→30g

・炭水化物→23g

・脂質→7g

・味のバリエーション

→ピーナッツバタークランチ、ダークチョコミント、塩キャラメル、ダブルチョコレートクランチ、 チョコレートピーナッツバター、ダークチョコレートアーモンド、ヨーグルトピーナッツ

 

ゴマ
ゴマ

このプロテインバーはコストコで見たことありませんか?

たまにコストコで売られていたりします。このプロテインバーはとにかく安い

 

他のものの半額ほどで買えます。それでいてタンパク質が30gと半端なくコスパが良いです。でも味がですねぇ、、美味しいとは言えませんね汗っ。

 

口の中がかゆくなる甘さで食べた後も口の中に残る感覚が強い。食感に関してはねっとり系になります。とにかくコスパを重視するならこれがおすすめですね。こちらもグルテンフリー。

 

ささみプロテインバー(丸善)

・エネルギー→138kcal

・タンパク質→22.2g

・炭水化物→9g

・脂質→1.4g

・味のバリエーション

→ブラックペッパー、プレーン

 

プロテインバーというとお菓子のようなものをイメージしますがこれぞホンマのプロテインバーと言わんばかりの存在感です笑。コスパ味、成分すべてがそろった商品になります。

 

それもそのはずこのプロテインバーはささみが原料なので。ただ少し味が濃いので調理するなら調味料は少なめにするのがグッド。

 

鶏肉を美味しく食べるためにとりハムを作ったりしますが面倒な時がありますよね?そんな時にこのプロテインバーがあればかなり便利ですよ。切って入れればもう出来上がるのですから。

 

備蓄品として置いておいても良いですね。似たようなもので言えば胸肉ソーセージで有名なブランドもありますよ。

 

詳しくはこちらの記事たんぱくんとは「毎日もうパサパサの鶏肉を食べなくていいんです!」をどうぞ。

 

プロテインバーチョコレートブラウニー(OhYeah!)

・エネルギー→220kcal

・タンパク質→20g

・炭水化物→24g

・脂質→8g

・味のバリエーション

→チョコレートブラウニー、メープルドーナツ、レモンケーキ、アーモンド、ブルーベリーケーキ、チョコチップクッキー、ピーナッツバターパイ、クッキーアンドクリーム、

 

こちらはチョコレートの味を強く感じたいならおすすめのプロテインバーになります。というのもブラウニーというだけあって濃厚なチョコレートの味に仕上がってるからです。

 

食感はねっとり系で歯にくっつく感じがありますね汗っ。栄養成分はいうことなくグッド。食べてもOhYeahとはならなかったですね笑。

 

バーエックス(DNS)

・エネルギー→214kcal

・タンパク質→15.6g

・炭水化物→17.1g

・脂質→9.3g

・味のバリエーション

→チョコレート、抹茶

 

国産のプロテインバーの中では間違いなく上位に入る味と成分。チョコレートと抹茶もどちらも味はその言葉のままで美味しいです。

 

食感はサクサクよりザクザクといった感じでけっこう硬め。冷蔵庫で冷やすと硬くなりすぎるのでやめましょう笑。サイズも小さすぎず満足感はかなりありますよ。

 

inBar(モリナガ)

・エネルギー→193kcal

・タンパク質→10.4g

・炭水化物→15.1g

・脂質→10.3g

・味のバリエーション

→ベイクドビター、ベイクドチョコ、ウエファーバニラ、ウエファーナッツ、グラノーラ、グラノーラココア

 

こちらはおすすめではなく上記のものと比べるためにあえて紹介しています。上記のものと比べてどうでしょう?タンパク質が少なくその他の成分がかなり余分だと思いませんか?

 

でもこれは最も目にするプロテインバーですよね。こうしたそこまで体づくりに優れていないものをいかにも優れている体で売っていることがあるので注意してくださいね。

 

味に関しては海外のものと違い日本のお菓子の味が感じられて美味しいのですが成分がもう少しよければ良いのになという印象。

 

まあAmazonで買えばかなり安くはなってますがタンパク質1gあたりで考えるとそこまで他のプロテインバーと変わらなくなりますね汗っ。

 

一本満足バープロテイン(アサヒグループ)

・エネルギー→180kcal

・タンパク質→15g

・炭水化物→12.3g

・脂質→8.2g

・味のバリエーション

→チョコ、ヨーグルト

 

こちらは国産のプロテインバーでタンパク質が15gとなかなか良い商品と思います。

 

ただ詳しく見るとそのタンパク質はほとんどが植物性のものなので動物性に比べてアミノ酸が少なく劣ります

 

とは言うもののどうしても時間がなかったりでコンビニでこれしか見当たらないならこれを選ぶようにしましょう。

 

プロテインバーは体づくりの楽しみに

プロテイン

以上がゴマがおすすめするプロテインバーやその他のお菓子になります。実際によく食べているものであり素直な感想です。

 

もちろん紹介しているものは全て美味しいのですが食感には好き嫌いがあるかと思います。ゴマはサクサク系が好きなので最近はサクサク系しか買わないようになりました。

 

なのであなたも実際に上記のプロテインバーを食べてみて判断してくださいね。

 

初めは一気に箱で買うのではなくバラエティパックのようなもので買うようにしてくださいね。もしもマズかったら食べるのがキツイので汗っ。

 

成分に関しては日本のものより海外のものの方がタンパク質も多くグッド!

 

ダイエット中ならなおさら美味しいお菓子のようなものが良いのでぜひ上記のプロテインバーを試してみてはどうでしょうか?

・味とサクサク系を求めるなら「シンサ6シリーズ」

・甘味とねっとり系を求めるなら「コンバットシリーズ」

・国産にこだわるなら「DNS」

・アメリカのお菓子が好きなら「Lenny&Larry’s」

・すぐに手に入れたいなら「inBar」

・プロテイン入りのいろんなお菓子が食べたいなら「マイプロテイン」

以上プロテインバーのおすすめ10選!「味と食感を重視してみた結果」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました