体脂肪が減るタイミングは実はあの時と知っていますか?「意外な事実」

体脂肪燃焼

体脂肪っていつ減るん?

体重は減ることは体脂肪が減ることやんな?

と思っているあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

ボディビルの大会で優勝したこともあるほど体づくりに取り組んでいます。

 

毎年ダイエットは半年ほどしてバキバキの状態まで体脂肪を減らすので、上記のような疑問に根拠を持って答えることができます!

 

この記事でわかること
・体脂肪が燃えるタイミング
・体脂肪と体重の関係

結論としては体脂肪は睡眠時に最も減ります!

 

では詳しくみていきましょう。

 

体脂肪が減る意外なタイミング

筋トレ

 

 

ゴマ
ゴマ

あなたは体脂肪が減る、燃えるのはいつか?と聞かれれば「いつ」と答えますか?

 

体づくりに関する正しい知識がなくてもなんとなく「運動中」と答えるのではないでしょうか。もちろんこの答えが間違っているわけではありません。

 

ですが体脂肪が減る、燃えるタイミングで最も大きいのは「睡眠時」なのです!この理由については以下の内容が関わってきます。

 

・体脂肪の特徴

・エネルギー効率

順にサクッと解説していきますね。

 

・体脂肪の特徴

→体脂肪は激しい運動よりも「安静時」にエネルギーとして使われることが多い。

 

安静時と言えばそうです。睡眠時。なので筋トレなどをしている時よりも体脂肪は寝ている時の方が燃焼しやすい!

 

・エネルギー効率

→筋トレなどの運動ではまず「体の中の炭水化物」がエネルギーとして使われます。それがある程度なくなってくるとやっと「体の中の脂つまり体脂肪」をエネルギーとして使うようになる。

 

でも筋トレなどの激しい運動は長時間はできないので体脂肪をエネルギーとする前に炭水化物がメインとなり終えてしまう。

 

だから有酸素運動などのいわばダラダラした全く激しくない安静時の状態に少しでも近い運動が脂肪を燃焼しやすいと言われるのです。

 

ですが有酸素運動もメリットばかりではないのでご注意を。詳しくはこちらの記事「「断言」ダイエットで痩せるためにわざわざ有酸素運動はしなくていい」をどうぞ。

 

 

運動をしている時に脂肪が燃焼されると思っているから、ダイエットのためには運動時間が長ければ長いほどいいと思い込み、無駄に疲労もたまり、その結果として逆効果を招いてしまうこともある。

 

睡眠をしっかりとることで体の疲労回復にもつながる。ダイエットにおいて過度なストレスを感じることは副交感神経(リラックスしてる時に優位)の働きを悪くします。

 

睡眠時は副交感神経が優位になることでより脂肪も燃えやすく減りやすくなります。ですが副交感神経が優位にならないとその結果ストレスホルモンの分泌を促すこともある汗っ。

 

このストレスホルモンは筋肉を分解したりとダイエットにも日常生活にも良いことはありません!

 

なので体脂肪を減らすためにもある程度の知識を蓄え、極端なダイエットは控えてしっかり睡眠をとるようにしましょう。これでダイエットはうまくいきます!

 

また気持ちいい睡眠をとるためにも寝る前の食事は少なめにして内臓を休めてくださいね。寝る前にがっつり食事をしてしまうと寝ている間も内臓は活動し続けないといけなくなります。

 

という事は寝ているつもりでも体はちゃんと寝むれていないことになる。これが積み重なると疲労も抜けないしダイエットにもよくないです。

 

 

 

ゴマ
ゴマ

ここまで言うともう寝ないわけにはいかないですよね?

しっかり寝て脂肪燃焼してダイエットを進めていきましょう。

 

では次に体脂肪と体重の関係について解説します。

 

体脂肪の量と体重は比例しない

太る

ゴマ
ゴマ

あなたはダイエットにおいて体重が全てと考えていませんか?

体脂肪の量は正確な値を出そうと思うと高性能なマシンなどを使わない限りなかなかできません。一般家庭によくある体脂肪率を計算する体重計は体に電流を流しその抵抗具合で数値を出しています。

 

というのも脂肪は電気を通さないので抵抗具合が低ければ脂肪が多くある、そうでなければ少ないといった感じです。

 

ですがこのやり方だと体の中の水分の量でも値が大きく変わることがあるので一般的な体脂肪計の数字はそこまでうのみにしない方が良い。

 

じゃあ体脂肪が減ってるかどうかはどうやって判断するん?

もう見た目と皮膚を触ったあなた自身の感覚が最もと言えるほど正確です!

 

これはゴマ自身の経験になりますが、ダイエットも終盤を迎えて頬もこけ体もバキバキの状態でなんとなく体脂肪率を計ったところなんと15%と表示されました。

 

はっきり言ってありえない汗っ。

 

どう考えても体脂肪率は1桁の体でした。体中の皮膚もかなり薄くなっているのですから。それに体重は変わらない(増える)のに体脂肪は減るなんてことは普通にあります。

 

この写真を見ても明らかですよね?

 

こういったことがあるので体脂肪率と体重には絶対的な関係なんてないのです!逆に体脂肪率と関係するのはあなた自身がつまんだその皮膚の厚さの感覚。

 

これでダイエットの経過を判断するのがグッド!

 

これらの内容に関してはこちらの記事「ダイエットで体重変化ばかり気にするあなたが他に意識すべき所とは?」で詳しく解説してます。

 

体脂肪は寝ている時に良く燃える

以上体脂肪が減るタイミングは実はあの時と知っていますか?「意外な事実」でした。

・体脂肪は安静時に最も減る

・体脂肪を減らすには睡眠が大事

・体脂肪の量は皮膚をつまんだ感覚を大事に

・ダイエットでは体重よりも見た目で判断すべし

コメント

タイトルとURLをコピーしました