置き換えダイエットは痩せやすい?「効果を感じるために注意すべきこと」

(2019 7月追記)

プロテイン

置き換えダイエットってよく聞くし簡単そうやけど実際のところどうなんやろ?やり方とか効果とか気になるな。

 

置き換えダイエットの効果的なやり方が知りたい!

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

ボディビルに7年ほど取り組んでいるのでダイエットや体づくりには確かな知識と経験があります。

 

この記事でわかること
・置き換えダイエットのやり方や効果
・置き換えダイエットをするタイミング

 

結論から言うと置き換えダイエットはそれなりに理にかなってるし場合によってはダイエット効果が期待できるダイエット方法ですね。

 

では詳しくみていきましょう。

 

・置き換えダイエットって何?

置き換えダイエットと聞くと最初に思い浮かぶのはDHCプロテインダイエットではないでしょうか?

ゴマ
ゴマ

ゴマはそうです笑。

 

まあこれについては後ほど詳しく説明します。

そもそも置き換えダイエットって?

置き換えダイエットとは言葉のまんまで1日の内の食事の1食(多くて2食)をプロテインやスムージーに置き換えるというものです。

 

言ってしまえばかなりシンプルで取り組みやすい。

 

なかなかダイエットできなくて悩んでいるあなたでもこれなら夜は置き換えダイエットをするなどして比較的取り組みやすく継続しやすいと思いませんか?

 

こういった感じで気軽に取り組めますよ。

 

・置き換えダイエットの効果は?

効果

でその気になる置き換えダイエットのダイエット効果について。

メリット

・摂取カロリーが抑えられる

・内臓のケア

・むくみがとれる

サクッと見ていきます。

 

摂取カロリーが抑えられる

→これは当り前ですね。普段の食事に比べたらかなり摂取カロリーを制限できます。

 

置き換えダイエットで使用するプロテインやスムージーは最大でも300kcalほど。普段の食事が500kcalとしても200kcalも抑えられる。

 

内臓のケア

→置き換えダイエットでは基本的にドリンクが食事の代わりになるので消化吸収がしやすく内臓の負担を軽減できる。通常の食事だと内臓が休まる瞬間がないですからね。

 

むくみがとれる

→置き換えダイエットで食事をドリンクにすることでナトリウム(塩分)の摂取量が抑えられるのでその結果として体の余分な水分が排出されむくみがとれます。

 

むくみに関して詳しくはこちらの記事「簡単」むくみの取り方「原理を知ればすぐ解決できます!」をどうぞ。

 

デメリット

・摂取カロリーが少なすぎることがある

上記のように置き換えダイエットのドリンクはせいぜい300kcal。

 

普段から食事に気を使っている場合いきなり置き換えダイエットをすると摂取カロリーが低くなりすぎてその結果ダイエットが進まないなんてことになる可能性があります。

 

体は摂取カロリーが少なすぎれば守りに入りカロリーを消費しようとしなくなるので注意が必要!

 

置き換えダイエットを長期間にわたって続けるとリバウンドの可能性も出てきます汗っ。なので長期間の置き換えダイエットはおすすめしません!

 

 

また置き換えダイエットで痩せない場合はプロテインなどに置き換えした以外の食事がはちゃめちゃすぎる可能性が高いです汗っ。

 

置き換えした以外の食事でハンバーガーやピザばかり食べていてはいくら夜の食事を置き換えたからと言ってもカロリーの摂りすぎで太ることもあります。

 

なので置き換える以外の食事も少しはヘルシーにしたりと気をつけましょう!

 

置き換えダイエットするべき効果的なタイミング

こういったことから置き換えダイエットがおすすめなのは

・普段から食生活がハチャメチャな場合

・ダイエットをしていない場合

・運動せずにダイエットしたい場合

となります。順にみていきましょう。

 

普段から食生活がハチャメチャな場合

→普段から何も気にせず唐揚げ弁当などを食べているならそれを置き換えることで大幅に摂取カロリーを抑えられる。かつ栄養も豊富なので食生活の改善にもってこい。

 

もちろんそれでも摂取カロリーが多ければ脂肪は減りませんが普段の食事に比べて置き換えダイエットの方がダイエットに適しているのは言うまでもないこと。

 

ダイエットをしていない場合

→現在ダイエットをしていないけどダイエットを始めたなら置き換えダイエットからスタートするのはあり。

 

というのも置き換えダイエット自体はかなりとっつきやすくカロリー計算からガチガチに進めていくのはちょっとしんどいと感じるならもってこいのダイエット方法。

 

運動せずにダイエットしたい場合

→運動せずにダイエットすること自体はあまりおすすめしませんがどうしてもと言うなら置き換えダイエットがグッド。

 

運動なしだとどうしても摂取カロリーを減らすしか手がないのですが置き換えダイエットだとそれができますね。

 

・置き換えダイエットの効果的なやり方

具体的な置き換えダイエットのやり方ですがホンマに置き換えるだけ笑。

基本的にはプロテインやスムージーに置き換えるのですがどんなプロテインやスムージーに置き換えるかがポイントになってきます!

 

冒頭に出てきたようにDHCのものが市販されている分では使い勝手が良いですね。

スムージーだとこちら

ただ上記の2つは少しタンパク質の量が少ないですね。

 

なのでプロテインを組み合わせたりしてタンパク質を補う必要があります。

プロテインに関してはこちらの記事「初心者におすすめのプロテイン5選「筋トレ歴10年のプロが選ぶもの」」を参考にどうぞ。

 

上記のものだと少しカロリーが低すぎるので摂取カロリーの減らし過ぎになることも。

 

(もちろん人によって必要とするカロリーに差があるので一概には断言できませんが)

 

具体的にどういった感じで1日の食事メニューに取り入れるかと言うと1日三食だとすると1食は置き換えダイエットなのでカロリーは200kcal程度になります。

 

1日に女性だと1500kcalほど摂取してダイエットするのが健康的にダイエットするのに適した数字になるので後の2食でそれぞれ約650kcalを食べることになる。

 

ゴマ
ゴマ

これってけっこうな量を食べることができるんですよ!

 

夜は置き換えダイエットでダイエットを頑張り、朝とランチはヘルシーなものをたくさん食べるといった形になります。

 

摂取カロリーに関しては個人差があるのでまずはカロリー計算の基本を知っておいてください。

 

最近ではフィットネスビキニという競技で世界で活躍する安井ゆり選手も自身のブログで食べすぎるシーズンは夜を上記のゴールドジムのものに置き換えたりしてダイエットしていますね。

(参考元https://ameblo.jp/yuriyasui/entry-12437906872.html?frm=theme)

 

まとめ:置き換えダイエットは使い勝手が良い

以上置き換えダイエットは痩せやすい?「効果を感じるために注意すべきこと」でした。

・置き換えダイエットは食生活の改善のきっかけづくりに有効

・摂取カロリーが少なすぎることになることには注意が必要

・ストレスが少なく取り組めるダイエット方法

 

(最後に)置き換えダイエットと少し似ているダイエット方法として「ファスティングダイエット」というものもあります。いわゆる「断食」ですね。

 

気になる場合はこちらの記事「優光泉の効果はどうなのよ?「体づくりのプロが実際に断食して検証した結果」」をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました