「比較」ダイエットでの食事の回数は3回か5回どっちが痩せる?

こんにちはゴマです!

食事

ダイエットは食事が9割とかいうほど大事って言うよね~。
あとはちょこちょこ食べて一気に食べないとか。
実際ダイエット中の食事の回数って何回がベストなんやろ?

という方への記事になります。

この記事でわかること
・ダイエットでベストな食事の回数
・ダイエットで食事の回数が大事と言われる理由

 

結論を言うとダイエットでベストな食事の回数は4回から6回です!少なくとも3回はベストではないです汗っ。もちろん3回やとダイエットできないという意味ではありませんよ。

あくまで理想は何回かという話なので。では詳しくみていきましょう。

 

・ダイエットでベストな食事の回数とは

一般的な方の一日の食事の回数はおそらく三回だと思います。

・朝→7時

・昼→12時

・夜→20時

という感じですよね。もちろん仕事の都合上で一日に二食しか食べれない方もおられるかもしれません。この食事にさらに二食プラスしたらこうなります。

・朝→7時

・間食→10時

・昼→12時

・間食→16時

・夜→20時

これで一日に五食になります。

食事の回数を増やすとダイエット効果が上がる理由は次の項目で詳しくみるのでここではまず食事の回数を増やす際のポイントを押さえておきましょう!

 

そのポイントはこういったものです。

・食事の回数を増やしても一日の摂取カロリーは変えない

・全て食事でとる方が良いができないなら間食はプロテインなどですます

・三時間ごとに食事をする感覚

・毎食タンパク質は欠かさない

三食から五食に増やしたからその分カロリー摂取も増えてしまってはダイエットではなく増量中になってしまいます。

ゴマ
ゴマ

ポテチか!

 

また仕事の都合上10時や16時に食事ができないのであればプロテインを水筒などに入れておいて水を入れて飲んだりすることで食事をすることもできます。

 

言い換えると食事の回数を増やすというのは三時間おきぐらいに何かしらのものを食べることになります。

 

 

そしてタンパク質を毎食とるのはタンパク質は体の材料になるのはもちろんですが消化吸収の時にカロリーを消費する割合がかなり高いからです。

 

言い換えると同じカロリーの炭水化物や脂質を食べるときよりタンパク質の方が実質カロリーが低くなるのです!

ゴマ
ゴマ

ボーナスポイントみたいなもんです笑

 

次に食事の回数を増やすことのメリットとしては

・血糖値の安定

・空腹感の軽減

・ストレスの軽減

といったことが考えられます。

 

三時間おきの食事で血糖値が安定しやすいです。血糖値が安定するということは空腹感に悩まされることが今までよりかなり少なくなることにつながります。

 

その結果ダイエットに対するストレスを感じることも減りダイエットは成功に近づいていくという流れになります!

・ダイエットでの食事の回数と血糖値

食事

でみなさんが気になる食事の回数を増やすことでなんでダイエット効果が高まるのかについてです。それには「血糖値」がかなり関係しています。

 

ここで食事をしてから人間の体ではどういうことが起こっているのかを簡単に説明しておきます。

食べ物を食べる→その食べ物の中の糖が血液中に取り込まれる

→糖が血液中に増える(血糖値が上がる)ことでインスリンというホルモンが分泌される

→このインスリンの作用によって糖は肝臓や筋肉にエネルギーとして蓄えられる

その結果として血糖値が下がる

ここで大事になるのがインスリンの反応です!

 

インスリンは筋肉を作ったり肝臓にエネルギーを送ったりと一見いいやつのように見えます。でもそれと同時に脂肪も蓄えてしまうのです汗っ。

ゴマ
ゴマ

ありゃま~。じゃあどうするか?

 

インスリンをできる限りださないようにすればいいのです!

 

一日に三食しか食べない場合は食間が五時間とか空いてしまいますよね?そこにいきなり大量の糖が入ってくると体は待ってましたと言わんばかりにすぐに体に取り込もうとします。

 

ということはインスリンもめちゃめちゃ出てくることにつながります。となると脂肪も作られてしまうことになります。

これはダイエットにおいて絶対に避けたいことです!

 

でも仮に同じ摂取カロリーでも五食に分けて食べることで一食あたりの糖の量は少なくなりますよね。てことはインスリンの分泌も多くなりすぎずに済みます。その結果ダイエットをより効果的に進められることになります!

 

 

またここで関係してくるのがGI値になります。

GI値が高いものだとなおさらこのインスリンが過剰に出てきます。ということはそれだけ脂肪が作られる可能性が高くなるということにもつながります。

 

これほどGI値や血糖値というものはダイエットに影響を与えるのです。

 

 

逆に言えばこういったことを知って意識して改善することで普段の食事を大幅に変えないでもダイエットを進められることにもつながります。やりましょう!きっとできます!

 

・ダイエットでのベストな食事メニューとは

食事

最後に具体的かつ現実的な食事の回数を考えたダイエットメニューを書いておきます!

食事1→炭水化物+タンパク質間食→プロテイン+ナッツ類

食事2→炭水化物+タンパク質

間食→プロテイン+ナッツ類

食事3→タンパク質のみ

こんな感じになります。

炭水化物は白米でもパンでもパスタでも可ですがパンやパスタは付け合わせで無駄にカロリーを摂取することがあるので白米が無難かと思います。コンビニのおにぎりでも大丈夫です。

 

間食のナッツ類に関しては良質な脂質を補うために食べます。なので他の食事ではできる限り脂質は抑えてくださいね。

 

 

タンパク質に関してはお肉でもお魚でも卵でも大丈夫です。ただ脂身は多くない部位を選びましょう!鶏肉なら胸やモモできる限り皮はとりましょう、牛肉ならモモ、魚なら白身といった感じです。

 

 

最後の食事はタンパク質のみになります。ここでは後は寝るだけというのもあってインスリンの分泌は抑えておきたいので。

 

これをみなさんの摂取カロリーの範囲内でやるということになります。

具体例はこんな感じになります。

食事1→400kcal間食→200kcal

食事2→400kcal

間食→200kcal

食事3→100kcal

これで1日1300kcalになります、あくまでこれは一例なのでみなさん自身の摂取カロリーに合わせてくださいね。

1300kcalでダイエットしている方ならこんな感じになるということです。ぜひ参考にしてみてください。

・ダイエットと食事の回数のまとめ

以上「比較」ダイエットでの食事の回数は3回か5回どっちが痩せる?でした。

・ダイエットの食事の回数は5回が現実的かつ効果的

・回数は増やしても摂取カロリーは3回の時と同じ

・血糖値を安定させてより楽にダイエットを進めよう

・ダイエットは工夫して取り組むことで思ってるより簡単にできる

コメント

タイトルとURLをコピーしました