脂肪が筋肉に変わるのか「思わぬ勘違いが!」

 

こんにちはゴマです

 

トレーニングしている女性

 

よく筋肉が脂肪に変わるや脂肪が筋肉に変わると聞きますがそんなことは絶対ありえませんっ。

 

 

 

 

カブトムシの幼虫からハトが生まれるぐらいありえませんっ。

 

ではなんでこういったウソが普通の情報として世に出ていて、それを聞いてそのままホンモノの情報として信じているのか?

 

 

 

 

簡単なことです。それについての確かな知識を持っていない、またその情報をそのまま受け入れても自分自身に特に害がないからです。ここで言いたいのはある情報に対して何の疑問も持たずにそのまま信じていたら間違った方向に向かうことがあるということです!

 

 

 

 

 

世間では炭水化物が悪とされ食べると太ると思い込まされていますが、実際は炭水化物は人間が行動、生活していくうえで欠かせないものであり、それを極端に制限することによりどこかしら機能面で障害は出てきます。

 

 

 

 

 

そうとは知らずに世間の情報をうのみにして糖質制限して時間が経つにつれ体重は減ったとしても筋肉も何もかもそぎ落ち自分が思っていた体じゃないのでガッカリするのです。それで「もう私は一生ダイエットできない」と決めつけ諦める。

 

 

 

 

 

ダイエットに成功し思い描いていた体になると人生はどれほど前向きに楽しくなることか。その経験をしないまま終わらせていいはずないですよね?ここで本題に戻りますが、脂肪が筋肉に変わることはなく、これは脂肪が減って筋肉がつくというのが正解です!

 

 

 

 

 

また脂肪がついて筋肉が減るとも言えます。これがいつしか間違って伝えられ今に至ります。少し詳しく書いておくと、脂肪はまず分解され特定の形になり、それが血液中に流れ、それをエネルギーとして使うことによってはじめて脂肪が燃焼した、つまり体脂肪が減ったと言えます!

 

 

 

 

 

ここでも正しい知識があれば何一つ悩むことも、惑わされることもないですよね。今の世の中ダイエットに関する情報がすぐに検索すれば出てくるのはもちろん便利なのですが、その情報が多すぎるがゆえに正しい情報を選択するのが難しくなってます。

 

 

 

 

 

なので市販の飲むだけサプリメントのようなものにすぐ手を出すのではなくまずはそのサプリメントについて調べてから飲むかどうかを判断してくださいっ。

 

 

 

 

 

このブログではダイエットサプリメントなどは記事を読めばわかるようになってますのでぜひそちらも目を通してみてくださいね。またこのブログではホンモノの情報を自信をもって書いておりますのでどうぞ実際に試してみてくださいねっ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました