「体験」8時間ダイエットの効果は?「ある2つのことから言えること」

時間

8時間ダイエットが簡単で痩せれるって聞いたけどホンマ?8時間ダイエットの効果はどのくらいあるんやろ?好きなモノ食べてもいいとかどうとか。

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

ボディビルの大会に向けていつも半年はダイエットしていますが、2年前ぐらいの時のダイエットが意識はしてなかったもののこの8時間ダイエットの形になってました。

 

その時の経験をもとに8時間ダイエットの効果について解説をしていきます。8時間ダイエット自体はアメリカで流行ったもので日本にも入ってきたもの。

 

この記事でわかること
・8時間ダイエットのやり方
・8時間ダイエットの効果

では詳しくみていきましょう。

 

8時間ダイエットの効果は微妙

疑問

結論としては8時間ダイエットの効果はそこまで期待できるものではありません。このように言える理由を8時間ダイエットのルールとゴマ自身の体験から見ていきます。

 

まずはルールの方から。

8時間ダイエットには以下のルールが存在します。

・1日の中で8時間の間に限定した食事

・8時間の間なら食事制限しなくて良い

・いつも同じ時間の食事

・特定の食材を食べる

・水分はしっかりとる

順にサクッと解説していきます。

 

・1日の中で8時間の間に限定した食事

これが8時間ダイエットと言われる理由。例えば朝7時に食事をしたならそこから8時間後の15時には最後の食事を終えていることになります。

 

言い換えると1日の中で16時間は何も食べない状態を作ることが必須。こうすることで以下の効果が期待できます。

・内臓の機能改善

・ダイエット効果(後ほど詳しく解説します)

 

・8時間の間なら食事制限しなくて良い

なんとこの8時間ダイエットは食事制限がないんです!

ホンマかいな!?

8時間の間に食事を終えることが条件で好きなモノを食べれます。

 

・いつも同じ時間の食事

このルールの狙いとしてはいつも同じ時間に食事をすることで体の中の「時計遺伝子」を正常な状態に保つため。

 

この時計遺伝子が普段の不摂生のおかげで壊れていると肥満や糖尿病などのリスクがグッと上がるという研究結果も出ています汗っ。

 

・特定の食材を食べる

以下のものから2つ選んで食べるように決められている。

・肉

・卵

・乳製品

・ナッツ類

・豆類

・果物

・野菜

・穀物

これらはいわばパワーフード。栄養価の高い食材なのでダイエットには欠かせません。

 

このようなルールが8時間ダイエットには決められていてこれらのルールを守って食事をすることでダイエット効果があるという。

 

では次に8時間ダイエットの効果についてより詳しくかつ科学的根拠に基づいて解説していきます。

 

 

・水分はしっかりとる

これはダイエットどうこうより人間の体を正常に働かせるためには必須のこと。詳しくはこちらの記事ダイエットでは水を飲むことを欠かすな!「消費カロリーがアップする」をどうぞ。

 

8時間ダイエットはおかしい!?

口コミ

上記のルールを守ることでダイエットできるというのが8時間ダイエットですがいくつかおかしい点もあります。

 

以下の点が不確実なところ。

・好きなモノを食べれる点

・好きな量を食べれる点

これらについて深堀していきます。

 

確かに8時間の間に食事を終えることで内臓やホルモンバランスの面は正常に機能するようになります。でもだからといってそれがダイエットに直接の効果を発揮するかと言えば疑問符です。

 

というのもダイエットの根底には「摂取カロリー<消費カロリー」ある。これを大幅に無視しても体脂肪が減りダイエットに成功するなんてことはまあない汗っ。

 

でもこの8時間ダイエットではそれが可能と言う。

 

具体的に言うとピザにアイスにハンバーガーを食べても7時から15時の間の話ならオッケーということだ。

ゴマ
ゴマ

はっきり言ってありえない。

 

それに好きな量を食べても問題ないというがなおさらありえない話です。

 

8時間ダイエットでは摂取カロリーは無視して良いと言ってるようなものでそんなことが可能なら8時間ダイエットを試さない人はいないはずです。それに肥満という言葉も存在していないはずだ。

 

でも実際はダイエットできない人が後を絶たない。

じゃあ8時間ダイエットで実際に痩せてる人はどういうこと?

 

確かにそう思うでしょう。冒頭でも書いたようにゴマ自身はダイエットしていたらよくよく考えたら8時間ダイエットの状態になっていてそれでもってきちんとダイエットは進んでいました。

 

こう聞くと8時間ダイエットの効果は結局どうなん?

と感じてますよね?

 

では8時間ダイエットの体験談を交えて解説していきますね。

 

8時間ダイエットをやってみた結果

ノート

ゴマの場合は朝9時に食事して17時が最後の食事というパターンでした。

 

これで3ヶ月で約10キロほど体重は落ち体脂肪もそれにともなって落ちいわゆるバキバキの状態になりました。

 

こう聞くとやっぱ8時間ダイエットは効果あるやんとなるかもしれませんがそうではありません。

 

というのもゴマはそもそもカロリー計算をして筋トレしてといったようにダイエットの基本の条件がそろっていたからどんどん脂肪が落ちていったにすぎません。

 

そこにたまたま「8時間」というアイテムを拾った形。となるとそもそもダイエットできる状態に新しいアイテムである「8時間」をゲットしたのでそらーダイエットは加速します。

 

でも逆に「8時間」というアイテムだけ持ってて肝心の土台ができてなかったらどうでしょう?アイテムの効果は発揮できませんね汗っ。

 

 

次にテレビなどで8時間ダイエットに成功してる例について。

 

これはよくあるパターンで例えば普段の食事を特に何も気にせずにしているとします。そういった方が8時間ダイエットのようなものをする。

 

すると8時間ダイエットは特にそうですが何も食べない時間の方が多くなるので消化吸収がきちんと行われたりむくみがとれやすくなったりで3キロほどはすぐに落ちます!

 

これを1週間で3キロダイエットと言い視聴率を稼ぐのがテレビ番組の実態。

 

でも実際のところその3キロはもちろん脂肪ではなくただ体の中の余分な水分(むくみ)がとれただけです汗っ。こういったことが8時間ダイエットの実際になります。

 

8時間ダイエットはするべき?

手順

上記の内容からもしあなたが今現在そこまで本格的にダイエットをしない状態で普段から好きなものを食べているのなら8時間ダイエットはダイエットのきっかけ作りにはグッドな選択です。

 

というのも8時間ダイエットでむくみをとったり内臓の機能面を回復させたりと体の中をよりダイエットするのに適した状態に整えることができるからです。

 

でも今現在あなたが何かしらのダイエットに取り組んでいてなかなか成果を感じられないから8時間ダイエットを試すのはおススメしません。

 

というのも上記の通り8時間ダイエットにはダイエットの根本である体脂肪を減らすという効果は期待できないからです。

 

その場合にはもう一度カロリー計算を見直すことから始める方がダイエットは成功する可能性が高いですよ。

 

カロリー計算はこちらの記事ダイエットはカロリー計算から「4つの手順で徹底解説」をどうぞ。

 

結論:8時間ダイエットは食生活の改善程度にとらえよう!

8時間ダイエットは痩せるよりも体をスッキリさせるいわばデトックス程度に考えるのがグッド。

 

体脂肪をガンガン減らす方法ではない。体脂肪をガンガン燃やすにはやはりある程度の食事制限と筋トレと休養の組み合わせが最短で結果が出ますよ!

 

以上「体験」8時間ダイエットの効果は?「ある2つのことから言えること」でした。

・8時間ダイエットは8時間の間に食事を終わらせる

・8時間ダイエットはダイエットの根本的な解決策には適さない

・好き勝手に食べても痩せる方法は存在しない

コメント

タイトルとURLをコピーしました