ダイエットで朝食抜き「続けているとかなりヤバいかも」

こんにちはゴマです。(2019 5月追記)

 

朝食

 

みなさん朝食には何を食べていますか?

バナナやシリアルその他パン系、それともごはん系など人によって様々だと思います。ダイエット中だとこの朝ごはんが楽しみだったりするものですよね。

 

夜はあまり食べないようにしていると朝になるとやっと食べれるーといった具合に。

 

とほとんどの方が朝ごはんは食べると思うのですがなかにはダイエットだからと朝食を抜く方がおられるかもしれません。

 

これはかなり危険ですよ!

 

というわけで今回はダイエットで朝食抜きをする危険性と朝食の重要性について書いていきます!

・ダイエットで朝食抜きの危険性とは!?

 

ダイエットでの朝食抜きの危険性を書く前に

 

「じゃあなんでダイエットに朝食は欠かせないのか?」を知っておく必要があります。

 

なのでダイエットにおける朝食の必要性から説明していきますね。

朝食は英語でBREAKFASTと言いFASTをBREAKするという意味です。FASTつまり断食を壊すということです。

 

寝ている間は言い換えると断食状態ですからこういったフレーズになったのでしょう。とこんな情報はどうでもいいですかね笑。

 

朝食は一日で一番最初の食事ですよね。

体は寝ている間栄養は取れませんのでこの朝のタイミングで栄養を逃してしまうと次のランチまでかなりの時間があいてしまいます。

ということはかなり空腹感が強くなるということです。結果ランチで食べすぎちゃった汗っ。なんてことにもなったりします。

 

なのでしっかり朝食を食べて血糖値をある程度上げておき食べ過ぎを防ぐのです!

 

また朝起きた時は胃の中は空っぽで体の中にエネルギーが不足している状態です。

 

でこのままほっておくと筋肉を分解してエネルギーにしたりといった良くない反応が起こるので朝食を食べることによりそれらの反応を防ぎます。

 

この二つの要素がダイエットで朝食が欠かせない理由になります。

 

具体的に何を食べたらいいかなどは今後このブログで書いていきますのでとりあえずまずは朝食が欠かせないことだけ頭に入れておいてください!

 

また朝食ではある程度GI値の高いものを食べても大丈夫です。(GI値に関してはこちらの記事で→ダイエットの基礎「チョー簡単!とりあえずやってみっか!」

 

理由としては上にも書いたように朝一の体は栄養をかなり求めている状態なので

体はなるべく栄養を筋肉や脳に送ろうとするのです。

 

なので1日の中で一番脂肪として蓄えられにくい時間帯でもあります。

 

またこの朝食をしっかり食べる前にしっかりと睡眠をとっていることも大事になってきます。

ある程度(約6時間以上)のまとまった時間の睡眠をとることにより内臓を休めることができます。

内臓が疲れているとそもそも朝食を効率よく吸収しにくくなります。

 

 

それに体はいつ変わるかというとそうっ寝ている間なのです!しっかりと睡眠をとることによってダイエットを進めやすい体の環境をつくってやります。

 

 

睡眠→朝食→仕事という流れを習慣づけてしまいましょう!朝起きたらまず何も考えずに卵焼きを作るなどと癖づけてしまいましょう笑。

とまあこれはゴマ自身のライフスタイルですが笑。

 

ダイエットというとみなさん苦しいきついものとすぐにイメージしてしまいがちですがこういったちょっとしたことの積み重ねであり毎日ちょこっと取り組んでいけばいいのです。

 

また習慣づけてしまえばもうこっちのもんです。続けるだけで体は確実に変わってきますよ。

なりたいスタイルをイメージして無駄にしんどくないように頑張って取り組んでいきましょうね!

 

・ダイエットで朝食におすすめしない食べ物って?

 

ダイエットでの朝食にシリアルを食べる方がいますがあまりおすすめはしません。

 

シリアルにもよるのですがたいていのシリアルは砂糖漬けなのでカロリーが抑えられているようで意外とそうでないです。

 

GI値的にも砂糖がかなり入っているので良いとは言えませんね。

栄養素は確かにそれなりに豊富なのですがやはりカロリー面がダイエットに適しているとは言えませんね!

 

量に注意したら別にダイエット中でも食べられるのですが。それだけ食べて食事を終えてしまいますよね。それだと炭水化物だけ取っただけなので肝心のタンパク質が不足しています。

 

(タンパク質ついてはこちらの記事で→ダイエットとタンパク質「最重要2」体づくりにタンパク質は欠かせないことをまずは覚えといてください!

 

 

次にダイエットの朝食にバナナを食べる方も多いと思います。

一時期バナナダイエットなんてのも流行ったことも影響しているかと。

 

 

ここで言っておきたいことは別にバナナに何か痩せる成分が特別入っているわけではないということです!

 

 

バナナも白米などと変わらずいわゆる炭水化物です。

ただGI値は白米などと比べて低くなっているのでその点ではダイエットに向いていると言えます!なのでダイエット中の朝食におすすめしないとまでは言い切れませんね。

 

 

他には菓子パンなどの砂糖を多く使っている食べ物です。

別にカロリーの範囲内かつ脂質が多くないのなら菓子パン自体は絶対食べたらダメとまでは言えません。

 

でもやっかいなことがあって朝食に砂糖ほどGI値が高いものを食べてしまうと空っぽの体は一気に血糖値をあげることになります。

するとそれを下げないといけないので下げるのですが一気に上げると一気に下がることがあるのでここでまた空腹感を感じたり倦怠感を感じたりすることがあります。

 

血糖値が短時間の間に上下するのでダイエットには適していない反応と言えます!

 

血糖値はできる限り一定に保つ方が空腹感も少なくしたがってストレスもなくスムーズにダイエットを進められます。

 

こういったことからダイエットには朝食は欠かせないと少しでも感じていただければと思います。ダイエットに限らず体を変えようと思うとまずは食事を変えないと何も始まりません。

これを機にダイエットをスタートさせてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました