インスリンとダイエットの密接な関係「うまく活用すると痩せる?」

(2019 7月追記)

インスリン

なんかダイエットにインスリンがめっちゃ関係するらしいけどそれってホンマ?ダイエットとインスリンの関係について知りたい!

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

体づくりを始めて10年ほどたちます。栄養学の研究をしている有名な方たちはみなインスリンは体に大きな作用を与えると言う。

 

この記事でわかること
・インスリンとダイエットの関係
・インスリンの体への働き

結論から言うとインスリンについて正しい理解があるとダイエットがうまくいく可能性が上がります!

 

では詳しくみていきましょう。

 

・ダイエットとインスリンの関係

ダイエットとインスリンの関係について話す前にそもそもインスリンとは何ぞやというところからいきますね。

 

その前に人間の体はどのようにして動いているかと言うと血液中のブドウ糖をエネルギーとして動いています。でこのブドウ糖はいわゆる炭水化物などの糖に含まれています!

 

なので食事をしてその糖が血液にのって全身に運ばれることで体は動いているのです。いわゆる血糖値はこの血液中のブドウ糖の割合をさします。

 

 

この血糖値は通常なら一定の幅を保ってコントロールされていますがその重要な役割を担っているのが「インスリン」なのです!

 

血糖値が安定していないと様々な合併症を引き起こすこともあります。なおさらインスリンが大事に思えてきましたね!

 

というわけでインスリンについて。

 

インスリンとは膵臓で作られ食事により血糖値が上がると分泌されるホルモンです。

 

このインスリンによって体は糖をエネルギーとして取り込んだり、タンパク質を合成したり(筋肉を作る)と体にとってかなり重要な役割を果たします!

 

その時に脂肪も合成したりもしますよ汗っ。

 

こうしてインスリンによってすぐに血液中の糖が処理されるから血糖値を一定に保つことができるのです!

 

ちなみにですが糖尿病はなんらかの原因でインスリンが機能しにくくなり血糖値を下げることが困難になる病気です。

 

つまり高血糖が続くことになります。その結果血管へのダメージが大きく最終的に合併症に至ったりもします。こういうとインスリンが正常に働くことがいかに大事かと感じてもらえるかと。

 

じゃあなんでこのインスリンがダイエットと関係あるん?

これについては次の項目で見ていきますね!

 

・インスリン抵抗性について

ダイエットとインスリン抵抗性です!「インスリン抵抗性ってなんやねんっ」ですよね?インスリン抵抗性を簡単に言うと「インスリンの効き具合」です。

 

 

上に書いたようにインスリンに対して体が正常に反応しないと血糖値を下げることができず糖尿病につながります。なのでインスリン抵抗性はない方がいいです。

 

でも実際インスリン抵抗性がある人が世の中には多く存在します。

 

というのも肥満、高脂肪食、遺伝、ストレス、運動不足などが原因でインスリン抵抗性を高くしてしまう可能性があるからです!

 

肥満がすすむと脂肪細胞からインスリンの働きを悪くする物質が分泌されやすいのです。

 

 

これらにあてはまると感じた方はダイエット以前に病気になる可能性もあるのでぜひ改善することをすすめます。というわけで次の項目でインスリンの感受性を良くする方法について考えていきます!

 

・インスリンの反応を良くする方法

 

ダイエットとインスリンのための運動についてです。これに関しては言葉で説明するのはとても簡単です。

 

インスリンの感受性を良くするには単純に上に書いたインスリンの働きが悪くなる原因を改善してやればいいだけです!

 

言い換えると食生活の改善によるダイエットです!

 

またもう一つの手段としてやはりトレーニングです。筋トレによってインスリンの働きを筋肉に向けてやることで脂肪の合成をできる限り抑え結果インスリンの感受性を良くしてやるのです!

 

 

最後にインスリン抵抗性に対するサプリメントで一つ有効なのがあってそれはαリポ酸です。

 

これはインスリンの働きを悪くする成分の分泌を減らすのでインスリン感受性の改善に一役買ってくれます!

 

まとめ:インスリンをうまくコントロールせよ

以上インスリンとダイエットの密接な関係「うまく活用すると痩せる?」でした。

・インスリンはダイエットや体づくりにおいて重要な役割を果たす

・インスリン抵抗性があるとゆくゆくは糖尿病の可能性あり

・インスリンの感受性を良くするには食生活の改善と運動

・今改善しないと加速的に悪くなる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました