カタボリックって知ってますか?「筋肉が分解されると起こる4つのこと」

分解

ジムでカタボリックがどうこうって聞いたんやけど

そもそもカタボリックてなに?どういう意味なん?

とカタボリックが何なのかを知りたいあなたへの記事になります。

こんにちはゴマです!

筋トレを始めてもう10年も経ちました。ゴマ自身そういった悩みを持ち調べまくった経験があります。

この記事でわかること
・カタボリックの意味
・カタボリックの対処法

では詳しくみていきましょう。

 

・カタボリックとは

カタボリックを一言で表すと「筋肉が分解される状態のこと」です。

 

人間の体は常に筋肉を作るのと分解するのを繰り返しています。これは別に筋肉の量に限らず人間なら誰しも同じ反応になります。なので「筋肉ないから関係ないー」なんて思わないでください。

 

筋肉は多かれ少なかれ誰しもについているものです。このカタボリックの逆で筋肉を合成する反応のことを「アナボリック」と言います。人間の体では常にカタボリックとアナボリックという反応が起きています。

 

カタボリックはマイナス、アナボリックはプラスと捉えておけば大丈夫です。

 

具体的に説明していくと、カタボリックつまり「分解」の反応の方がアナボリックつまり「合成」よりも強い場合は筋肉が分解されやすく、逆にアナボリックつまり「合成」の反応の方が強い場合には筋肉は合成されやすいということです。

 

 

なので筋肉をつけたいあなたはこの筋肉の分解であるカタボリックはできる限り防ぎたいところになります。

 

カタボリック(筋肉が分解)されてどうなるのかというと体はエネルギーにしようとするのです!逆に言うとエネルギーがない状況だから体は筋肉を分解してまでもエネルギーを作りだそうとします。

 

なので筋肉をつけたいあなたはカタボリックを抑えるだけでなくアナボリックな環境を作ることが重要なことになってきます!

 

カタボリックはいつ起こるのか

カタボリックが起こりやすいタイミングはいくつかあります。

・空腹時

・筋トレ中

・カロリー制限(ダイエット)

・有酸素運動中

・ストレス

・タンパク質の不足

・寝ている時

などが主になります。

 

空腹時→空腹ということは血糖値が下がり体のエネルギーが少なくなっていることを表しています。

体はエネルギーが少ないと筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとするので空腹時はまさに分解の反応が強くなるタイミングになります。

筋トレ中→これに関しては以前の記事でも何度か書いてますが、筋肉は筋トレ中に作られるのではなく寝てる時といった筋トレ以外の時間で作られます。

 

筋トレ中はエネルギーをもちろん使うので逆にエネルギーがなくなりやすくその結果として体は筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとします。

カロリー制限(ダイエット)中→ダイエット中はどうしてもカロリー制限をしないといけない状況なので普段の生活の時よりもエネルギーが少ないことは言うまでもありません。

ということはそれだけ筋肉の分解も起こりやすいということになります。

有酸素運動中→これに関してはこちらの記事「断言」ダイエットで痩せるためにわざわざ有酸素運動はしなくていいでも触れていますが有酸素運動は負荷が軽い分やりすぎてしまう可能性があります。

 

有酸素運動は体の中の炭水化物と体脂肪を半々で消費しますが、炭水化物がなくなれば筋肉を分解してでもエネルギーを生み出そうとします。

ストレス→これは意外と思うかもしれませんが、人間は過剰なストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌されるのですが、これが筋肉を分解するように働いてしまうのです。

ゴマ
ゴマ

笑ってた方が筋肉はつきやすいってことですね笑。

タンパク質の不足→タンパク質は筋肉を初め肌やその他にも様々な部分を作るための材料です。

なのでタンパク質が足りてないと筋肉を合成する作用が弱くなる、つまりカタボリックの反応が強くなることにつながります。

寝ている時→これに関しては仕方ないです。寝てる時に食事なんてできませんので。

それはもはや寝てへんがな!

カタボリックになるとどうなるのか

ネガティブ

せやから筋肉が分解されるんやろ?

ゴマ
ゴマ

確かにそうやねんけどその結果どうなるかや。

 

筋肉が分解されるといっても「そんなヤバいことちゃうやろ?」と思われていることと思います。なので筋肉が分解されることで引き起こすマイナス面について書いておきます!

カタボリックになる

→筋肉が減る

→基礎代謝が下がる

→消費カロリーが減る

→ダイエットがしんどくなる

 

といったことを引き起こす可能性があります。筋肉が分解されていいことなんて1つもありません。

 

むしろ筋肉があることでダイエットは進みやすくなりますし成功の確率も上がります。なのでくれぐれもカタボリックには注意していきましょう。

 

カタボリックの防ぎ方

カタボリックを防ぐには上記の原因を改善していくこととサプリメントをうまく使うことです。

 

空腹時→なるべく空腹にならないようにGI値を意識した食事やできる限り4時間おきになにかしらを食べる

 

筋トレ中→このタイミングでは食事はできないのでアミノ酸をサプリメントでとる

 

カロリー制限(ダイエット)→これに関してはある程度は仕方ないのでできる限り他の点でのカタボリックを防ぐように心掛ける

 

有酸素運動中→筋トレ中と同じようにアミノ酸をサプリメントでとる

 

ストレス→極端な食事制限を避けることでダイエットでの無駄なストレスを感じないよにする。またチートデイなどをうまく活用してストレスを発散する。

 

タンパク質の不足→基本的にタンパク質は筋トレしているのであれば体重1キロに対して2グラムほどとるようにしましょう。そうでないなら1グラム程度で大丈夫です。

 

寝ている時→気になる方は寝る前にソイプロテインやカゼインプロテインなどを飲むことでゆっくりと栄養が体に送られるのでカタボリックを防ぐには効果的になります。

 

女性はこのコラーゲン入りのソイプロテインを好んでいますよ。ですがこのプロテインは少しタンパク質が少ないのでヨーグルトなどと食べるとグッド!

Colla-Tein(コラテイン)手軽に【プロテイン&コラーゲン】

 

カタボリックを防ぐサプリメントに関しては基本的にはアミノ酸をとるようにしましょう!場合によってはプロテインでも良いのですが。

 

トレーニング中はアミノ酸の方が消化吸収に時間がかからないのでより効率よく筋肉に運ばれてカタボリック(筋肉の分解)を防いでくれます。

 

味コスパともに最強なアミノ酸はこのシリーズです。ゴマ自身4年前ぐらいからもうずっとこのシリーズを飲みまくってます!

 

・カタボリックのまとめ

以上カタボリックって知ってますか?「筋肉が分解されると起こる4つのこと」でした。

 

ゴマ
ゴマ

カタボリックっていっても実際なんてことないんやろーと思わんようにせなあかんで!

 

こういった小さいことに意識して取り組むかどうかで今後の体が大きく変わってきますよ!

 

実際に極端なカロリー制限とかをしている人の体を見るとわかりますが、ダイエットに成功するというよりやつれて元気がない体に見えませんか?

 

筋肉がかなり落ちている証拠です。痩せてもスタイルが悪くなっては元も子もありませんよ!では引き続き筋トレにダイエットに励んでいきましょう!

 

・カタボリックとは「筋肉の分解」を意味する

・カタボリックの反対はアナボリック

・カタボリックを防ぐには食事やサプリメントに気を配る

・カタボリックにはアミノ酸で対抗

コメント

タイトルとURLをコピーしました