アミノ酸とは何かをチョー簡単に解説してみた「理解しとくべきポイント」

アミノ酸

なんかダイエットについて調べてたらアミノ酸ってフレーズがよく出てくるけど正直アミノ酸がよくわからへん。アミノ酸って何?簡単に教えて~

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

 

10代のころにゴマ自身もそういった疑問を持ち毎日のようにあれやこれやと調べてました。

 

またボディビルで日本一になったことがある合戸選手も「一つしかサプリメントが使えないなら間違いなくアミノ酸を選ぶ」と言っているほどアミノ酸は体づくりに欠かせないものです。

 

この記事でわかること
・アミノ酸とは何か
・アミノ酸の活用法

 

結論を簡単に言っておくとアミノ酸はタンパク質とイコールと思っておけば大丈夫です!

では詳しくみていきましょう。

 

アミノ酸とは

 

アミノ酸はタンパク質と思っておこう!

アミノ酸の簡単な説明

 

アミノ酸はタンパク質と思っておけば大丈夫と言いましたが、こう言えるのにはもちろん理由があります。アミノ酸はタンパク質が分解されてより消化吸収がしやすくなったものだからです!

タンパク質

→プロテイン

→アミノ酸

といったように下にいけばいくほど消化吸収がしやすくそのスピードも速くなります。

 

 

消化吸収にかかる目安の時間はこのようになります。

タンパク質(お肉、お魚、卵など)→約3から4時間

プロテイン(いわゆる粉末のもの)→約1時間

アミノ酸(EAAやBCAAというもの)→約15分

こういったことから時と場合によって食事をするのかプロテインを飲むのか、はたまたアミノ酸にするのかを選択していくことになります。

 

アミノ酸についてもう少し詳しい説明

タンパク質とアミノ酸の違いは消化吸収の速度だけでなくアミノ酸の種類にもあります。というのもタンパク質いわゆるお肉などは20種類のアミノ酸からできています。

 

これに対して市販のアミノ酸いわゆるEAAやBCAAと呼ばれるものは、EAAなら9種類BCAAなら3種類となってます。

 

 

またプロテインはその中間と思ってもらえれば大丈夫です。

ゴマ
ゴマ

なので言ってしまうと、特別アミノ酸に筋肉をつける効果があってダイエットが進むかと言われればそうではないと答えます。

 

 

だってお肉を食べれば20種類ものアミノ酸がとれてそっちの方が体づくりには効果的なので。ただそれはお肉が食べれるタイミングや環境の時の話になります。

 

トレーニング中にはもちろんお肉は食べれないし、コスト面で見てもお肉の方が高かったりするのでそういった話から食事とアミノ酸やプロテインをうまく組み合わせていきましょうとなるのです!

 

 

さらに言うと人間の体は筋肉や皮膚など体の全体の約20%を占めて、筋肉や皮膚はタンパク質で出来ています。

 

ゴマ
ゴマ

ということは言い換えると、体の約20%はアミノ酸で出来ていることになります。こういうとアミノ酸の重要度がわかってもらえるかと思います。

 

 

アミノ酸についてもっと詳しい説明

もうお腹いっぱいやわ~

ゴマ
ゴマ

これで最後やからちょっとだけ見といてや

 

タンパク質は20種類のアミノ酸で出来ていると言いましたがそれがこちらになります。

イソロイシン、ロイシン、バリン、ヒスチジン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、システイン、シスチン、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン、チロシン

なんかの呪文かい!唱えたら筋肉つかへんかな?

 

この20種類のアミノ酸の中でも2つに分かれていて

必須アミノ酸
→イソロイシン、ロイシン、バリン、ヒスチジン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン

 

非必須アミノ酸
→アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、システイン、シスチン、グルタミン、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン、チロシン

となります。

 

必須アミノ酸は体の中で作れないので食事やサプリメントで補う必要があります。

またBCAAと呼ばれるアミノ酸サプリメントは必須アミノ酸の中でもイソロイシン、ロイシン、バリンといったより筋肉にとって必要なものだけを取り出したものになります。
これに対してEAAと呼ばれるアミノ酸サプリメントは上記の必須アミノが全て含まれたものになります。
なので言ってしまえば筋肉をつけるにはかなり効果的なサプリメントになります。

 

 

なぜアミノ酸(BCAAやEAA)は必要なのか

理由

初めに言っておきますが、アミノ酸をとるべきあなたはダイエットしている場合や筋肉をつけてスタイルを良くしたい時に活用するのがメインになります。

 

というのもアミノ酸の良い所は胃や腸に負担をかけることなくすぐに筋肉に送られるところです。

なので特に筋トレ中に飲むことで筋肉に直接的に筋肉になる材料であるアミノ酸を送れるのでより筋肉がつきやすい環境を体の中で作れるのです!

 

 

また有酸素運動中はこちらの記事「断言」ダイエットで痩せるためにわざわざ有酸素運動はしなくていいでも書いてますが、筋肉が分解されやすいのでこういったアミノ酸をとることでそれを防ぎましょう。

 

 

筋肉が減ってはダイエット成功の確率はどんどん落ちていきますからね汗っ。

 

というようにアミノ酸(BCAAやEAA)といったサプリメントは筋肉の分解を防ぎより筋肉にとってプラスの環境を作るためのものと思っておいてください。

 

おすすめのアミノ酸サプリメント

 

おすすめのBCAAはこのブログではこれしか勧めていません!

 

コスパ味ともに最強と言えます。

 

 

ゴマ
ゴマ

ジムで派手な色がついた飲み物を飲んでる人を見かけませんか?

おそらくみんなこのシリーズです笑。味によって色が違うのでゴマは見かけると「あの人はあの味か~」と心の中で思ったりします笑。

 

またそこまで筋トレの頻度が多くない方は1つ買っておくだけで半年ほど持ちます。(週に2回ほど筋トレする計算)なので買っておいて全く損はしませんね!

 

 

ただ海外の製品なのでアマゾンで注文するなら到着までに1週間ほどかかるのですぐに飲みたい方は早めにポチっておきましょう。

 

詳しくはこちらの記事「エクステンドの効果がハンパない!「これだけは試すべきとある理由」」をどうぞ。

 

どうしても国産が良いという場合はこちらのアミノ酸がおすすめです!



初回に限り半額なのも嬉しいところですね。また1回分ごとにパッキングされているのですぐに飲めるし小さいものなので人の目も気にしなくていいです。

 

公式サイトはこちら↓

女性のBCAA【ビューティーマッチ48000】

 

体が変われば今とは全く違う生活を体験することになりますよ!

 

次におすすめのEAAですがこれになります。

これは4年ほど前にずっと飲んでいました。味はもちろんさっぱりしていてトレーニング中には飲みやすいのですが値段が高く感じるので最近は上のシリーズのBCAAを飲んでます。

 

 

EAAは上記の通りBCAAに比べてアミノ酸の種類が3倍なので値段もBCAAに比べると高くなってしまいます汗っ。もちろんそれだけ筋肉にとっては効果の高いものではあります!

 

でもやはりみなさんが素敵と感じる体の持ち主はみなEAAを飲んでたりします。なので今よりもっとレベルアップしたい方はぜひ試してみてください。

 

アミノ酸の摂取量は

ドリンク

アミノ酸もタンパク質と同じで1グラムあたり4kcalあります。なので基本的には1日のタンパク質の必要量の範囲の中に含めてカロリー計算することになります。

 

具体的に言うと1日に100グラムのタンパク質が必要な場合(体重50キロで筋トレをしている方で、体重1キロあたり2グラムのタンパク質で計算)は

 

朝→タンパク質20グラム

昼→タンパク質20グラム

筋トレ中→アミノ酸10グラム

筋トレ後→プロテイン20グラム

夜→タンパク質30グラム

みたいな感じになります。

 

でも言ってしまえばタンパク質は体の様々な部分を作る材料になることからも「最低限これだけの量はとった方が良い」とは言えても「これ以上はとらない方が良い」とはなかなか断言できないのです。

 

 

言ってしまえば少し多めにとったからダメとか太るとかを考える必要はあまりなくて、

 

タンパク質のとりすぎを心配するなら、炭水化物と脂質の量を正確に決める方がよっぽど大事だし意味のあることと言えます!

 

 

なので上記のような例をあげましたが実際のところあくまで目安と思ってください。これ以上とってても大丈夫です。むしろタンパク質はとらなすぎを心配してくださいね。

 

結論:アミノ酸は簡単に言うとタンパク質

以上アミノ酸とは何かをチョー簡単に解説してみた「理解しとくべきポイント」でした。

・アミノ酸はタンパク質とイコールと考えて良い

・アミノ酸とタンパク質の違いは消化吸収の速さとアミノ酸の種類

・アミノ酸は必須アミノとそうでないものがある

・筋トレ中や有酸素運動中はアミノ酸サプリメントを欠かさないこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました