ダイエットとむくみは関係する?「誰でも簡単にむくみをとる方法」

(2019 7月追記)
水

なんか今日むくんでるなあ。ダイエットしてるから体重が増えたらなんか嫌な気持ちになるなあ。てかダイエットとむくみって関係あるん?

というあなたへの記事になります。

 

こんにちはゴマです!

ボディビルを7年ほどしています。大会が近づいてくるとむくみやすかったりするのですがこれにもきちんとした理由があります。

 

この記事でわかること
・むくみが起こるメカニズム
・むくみとダイエットの関係

 

結論を言うとむくみは食べ物と精神的な面の2つがきっかけでおこることがほとんど!では詳しくみていきましょう。

 

・むくみのメカニズムとは

原因

むくみがおこる原因は大きく2つ。

・ナトリウムとカリウムのバランス

・ストレス

他にも病気の予兆など様々なきっかけがあったりするのですがこのブログはダイエットに関する内容がメインになるので今回は上の2つに限定して解説していきます。

 

では順にみていきます。

 

・ナトリウムとカリウムのバランス

これは身体的な面の話になります。人間の体はとてもうまく作られているので体の中の水分を自動で調節する機能が備わっている。

 

この機能に大きくかかわるのが「ナトリウム」と「カリウム」!

 

ナトリウムとはミネラルの一種でいわゆる塩分と思ってもらって大丈夫です。ナトリウムは普通に食事していたらそれなりの量が含まれているので不足することはまあない。

 

よく夏は塩分を多めにとった方が良いと言いますがおそらく意識してとると逆に過剰摂取になると思ってください!

 

でこのナトリウムが夏に限らず普段の食事でさえ多く含まれているから血液中のナトリウム濃度が高くなります。体はこのナトリウム濃度を下げようとして細胞の中に水分を引き込もうとする。

 

細胞内に水分を引き込むから皮膚が分厚くなり顔が気持ちふっくらした感じや体のラインがぼやけた状態になる。これがいわゆる「むくんでる」という状態。

 

体は血液中のナトリウム濃度を下げるつまり薄めるためにそれを「のどが渇いた」という信号によってあなたに水を飲ませようとする。水を大量に飲むと一気にそれが血管に流れることになる。

 

いわゆる血圧が上がるというやつ。だから血圧を気にしている場合に塩分を控えるようにというのはこういった意図があっての話になります。

 

味の濃いものを食べるとのどが渇くのはこういったメカニズムがあったのです!

 

 

次にカリウムについて。

 

カリウムとは簡単に言うとナトリウムの逆の働きをするものと考えてください。これまたミネラルの一種です。ナトリウムと関連して体の中の水分のバランスを調整するのに働く。

 

カリウムはナトリウムと逆の働きをするつまり細胞の中の水分を外に出したり正常な範囲に維持したりといった作用があります。

 

少し具体的に言うとナトリウムは細胞の外側にいてカリウムは細胞の内側にいる。

 

そこでナトリウムが体の中に多いとナトリウムは水分を引き込もうとする働きより細胞の内側に水分とともに入ってきます。これが「むくんでいる」状態。

それに対してカリウムはナトリウムを細胞の外に出そうとする働きがあるのでいわば「むくみとり」。だからナトリウムとカリウムのバランスが大事ってわけ。

 

 

ナトリウムは黙っていても食事から必要量より多く取れているのでカリウムを意識して取る方が大事になってきます!

 

ストレス

上記の原因がむくみの基本。それ以外の原因で多いのが「ストレス」になります。これはダイエットとも大きく関係してくるものになる。

 

ダイエットというと何かしらのストレスを感じる瞬間はゼロではないですよね。代表的なもので言うと食欲。あれが食べたいけどダイエット中だから食べられないといった具合に。

 

このような少々のストレスだと問題ないのですがこのストレスが積み重なり過度になったとします。ストレスを過剰に感じると人間がリラックスした時に優位になる副交感神経の反応悪くなる。

 

言い換えると常に気が張っている状態。この状態だとストレスホルモンであるコルチゾールが多く分泌されます。コルチゾールが過剰に分泌されることで回り回って水分が体にたまることがある。

 

(その過程は複雑なので割愛さしてもらいます。)

 

ここまでをまとめると「むくみ」の原因はナトリウムとカリウムとストレスが大きく関係してるということ!

 

・むくみを取る方法

体重

では「むくみ」の取り方について。

 

これはもう簡単なことです!上記でむくむの原因が明らかになったのでそれらを改善するだけ。具体的には2つ。

・カリウムを意識して補う

・ストレスを緩和する

・水分をしっかりとる

順にサクッとみていきます。

 

カリウムを意識して補う

ナトリウム=塩分。

 

普段の食事や外食や加工食品では自然とナトリウムは多くとることになります。これに対してカリウムを意識してとらないと確実にナトリウムの方が多くなりバランスが崩れます汗っ。

 

なのでカリウムを意識的に取ることで体に中の無駄な水分を外に出しスッキリしましょう。また逆にナトリウムを控えることでナトリウムとカリウムのバランスを整えることもできますね。

 

カリウムが多く含まれる食品としてはバナナや干し芋、ドライフルーツなどがあります。干し芋なんかはダイエットにも適しているので一石二鳥。

 

干し芋に関してはこちらの記事干し芋がダイエットに欠かせない4つの理由「甘党にはもってこい!」をどうぞ。

 

ダイエット中ならカロリーに注意しながらこれらを取ってみてくださいね。

 

ストレスを緩和する

ダイエット中に過剰にストレスを感じるということが摂取カロリーが少なすぎたりと極端なダイエットをしている場合があるので一度あなたのダイエットを見直してみる必要があります。

 

こちらの記事初心者でもすぐにできるダイエットルール10選「これだけは守ろう」を参考にあなたのダイエットを確認してみては。

 

 

・水分をしっかりとる

最後に水分補給を怠らないこと。これは意外に感じるかもしれません。むくみは水分が体にたまってる状態なのに水を飲むなんて?と。

 

半身浴を例にこの意図を解説しますね。

ゴマ
ゴマ

よく半身浴で汗をかいて「むくみ」を取ろうとしてませんか?

 

もちろんこの方法も全くの間違いではないのですが体は水分を無理に出そうとすると逆に引き込もうとする性質があるのでうまくむくみがとれない場合があります。

 

 

なのでゴマが一番おススメの「むくみを取る方法」はカリウムを意識して取ってナトリウムを控え水分をしっかりと取ること!水分をしっかり取らないと体は水分を出そうとはしません。

 

まとめ:むくみは原理を知れば怖くない

以上ダイエットとむくみは関係する?「誰でも簡単にむくみをとる方法」でした。

 

・ナトリウムは水分を引き込む

・カリウムは水分を出す

・ナトリウムとカリウムのバランスで「むくみ」は起きる

・カリウムを意識して取ることで「むくみは取れやすい」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました